しっかり比較して、賢く選ぶ。 全メーカー31車種一覧ランキング。

絶対条件

Good Smile Company 10th Anniversary
Good Smile Company 10th Anniversary / Danny Choo

買った後に後悔しないために・・

「これじゃなきゃミニバン買ったの意味が無い」といった比較項目。
買った後で変更や追加が不可能なので要注意!
乗車 人数などは、よほど大丈夫ですが、自宅の車庫に収まるかどうか・・などは、車を買う時にテンションが上がりすぎて忘れがちなので注意。商談も大詰めで「車庫に収まらないから諦めるしか無い」ってのは避けましょう^^;

こんな比較してます

  • 車名車名
    Alphabets / kvanhorn 「聞いたことがある」ってだけでミニバンを選んでませんか? 比較ポイント 聞いた事の無いミニバンもたくさんあるのでは? ミニバンは名車揃いなので、じっくり比較しベストなミニバンを探して下さい^^ 注意 名前だけで選ぶのは勿体無い。このサイトを使ってベストなミニバンを探しましょう! 隠れた名車が多いのもミニバンです。 最新ランキング 聞いたことの無い車種の中にも名車がたくさんありますよ^^ 過去のランキング
  • 価格価格
    Humble Beginning / JD Hancock 一番わかりやすい車両本体プライス。同じようなミニバンでも微妙に違うから面白い。 比較ポイント 一番安いグレードで比較してます。 メーカ ー (ディーラー)によっては、値引き幅も違えば、上級グレードでは価格に差があるので、あくまで目安として下さい。 純正の高級ナビやオーディオシステムを取り付けた場合、車体プライスの他に100万円以上必要になるケースもあります。 注 意 画像は、最安グレードではありません。 中古車を探す時は、新車の価格からどれだけ値段が安くなっているかも目安のひとつになります。 最新ランキング 過去のランキング
  • 車体の大きさ車体の大きさ
    Cars / sebbe_munich ミニバンの「長さ・高さ・幅」をミリ単位で合計して比較。 比較ポイント 全長+全幅+全高の合計値を小さい順に並べました。 車体は小さいのに、室内の広さがあるミニバンがベスト。他にも小廻りなども参考までに。 注意 グレードによっては、若干車幅が違うので詳しくはカタログで確認してください。 最新ランキング 過去のランキング
  • 乗車人数乗車人数
    Installation Management Command employees enjoy a free ride to work 110916 / familymwr 8人家族なのに6人乗りや7人乗りでは意味がありません。 比較ポイント 乗車人数は8人乗りなら、  1 列目は 2人乗車  2 列目は 3人乗車  3 列目は 3人乗車 の2-3-3が基本。 7人乗りなら2-2-3や2-3-2、 6人乗りなら2-2-2、 エディックス(生産終了)のみ3-3など。 8人乗り?7人乗り? 8人乗りのモデルも、グレード設定によっては7人乗りもあり、2列目シートが「3人乗り」ではなく「2人乗り」になります↓ 2列目が2人乗車の場合は、一般的にキャプテンシートと呼び、3列目までウォークスルーできる事や、3人スペースを2人用として使うので「ゆったり乗れる」などのメリットがあります。キャプテンシートの場合、乗車人数が減りますが、肘掛や足掛け、シートの大幅スライドといった機能が増えるので上級グレード扱いとなり座席数は減っても価格は高くなります。 また、チャイルドシートを「2列目に2つ装着したい場合」などは7人乗りのキャプテンシートがオススメ。装着しっぱなしでも、3列目へのアクセスが可能となります。 注意 8人フル乗車する機会が多い場合やよく遠出する場合などは、乗車人数に見合った排気量を選びましょう。 大人8人を乗せて排気量2000ccでの運転・遠出するにはストレスフルなので、8人フル乗車で遠出する機会が多いなら2000ccより大きいエンジンがオススメ。 5人乗り以下でもOKなら、プチバンで探すのもアリ。 最新ランキング 最近は、8人フル乗車が少ないので8人乗りよりも7人乗りが人気。 過去のランキング
  • 乗り降りの高さ乗り降りの高さ
    Big Dirty Car / Ktoine ミニバンはスポーツカーと違い基本的に「座席が高く」作られてます。 なので、車高が低いほうが乗り降りがし易いです。 比較ポイント カタログで確認できる最低地上高で比較。 底床ミニバンが売りだったのホンダのミニバンは、ジェイドに名残があります。 開口部の広さも乗り 降りのし易さに関わってきます。 注意 4WDの設定では、数センチですが車高が高くなります。 ミニバンの使い方によっては、車高が低い方が良いとは限らないので自分に合った使い方を。 アウトドア派は、デリカD:5などの車高が高い方がオススメ。(悪路には車高が高いほうが有利) お年寄りの送迎に使うなら車高は低い方がオススメ。(乗り降りがしやすくなります) 最新ランキング 意外とエルグランドが低くてビックリ^^ 車高が低いとスポーティなイメージにもなるので、高級ミニバンのエルグランドが底床なのは面白い結果に。ベンツのVクラスが異常に低いけどカタログ値です^^; 過去のランキング
  • スライドドアスライドドア
    Toyota Alphard By Kinsmart With Sliding Doors! / thienzieyung スライドもしくは普通のドア(ヒンジドア)。ミニバンは全てスライド ドア搭載と思うなかれ、普通のドアタイプもあります。・・が、ミニバンが必要な人は、スライド ドアが必須だったりもするので絶対条件かどうかがポイント。 比較ポイント ミニバン人気の大きな理由に、後席スライド ドアがあります。 乗り降りのしやすさはもちろん、狭い駐車場でもドアの開閉が可能だったり、小さい子供でも隣の車にキズをつけないといったメリットがあります^^ ただしスライド ドアは、どうしてもデザインが損なわれるのと衝突安全性の問題から、似たようなデザインになるといったデメリットもあります。 スライド ドア非搭載のミニバンは、車高が低いので立体駐車場もOKな車種が多いのが特徴。 スライド ドア 画像はホンダ・ステップワゴン。 一般的なミニバンのスライド ドアといったらコレ。 ボタンで開閉できるパワースライドドアが人気装備。 パノラマオープンドア 画像はトヨタ・アイシス。 スライド ドアにピラー(柱)を埋め込んだタイプ。 ドアを全開したときの開放感は格別。 アイシスもしくは軽自動車のタント、N-VANのみ搭載。 ヒンジドア 画像はトヨタ・ウイッシュ。 普通のクルマに搭載される普通のドアタイプ。 3列目へ乗り降りするのは、ちょっとキツイ。 頻繁に3列目へアクセスするならスライド ドア装備がオススメ。 注意 いまや軽自動車にも採用される、パワ ースライド ドア(ボタンでドアが開閉)は人気オプションのひとつ。 ちなみに、中古車で買う場合  ・両側パワ ースライド ドアあり  ・助手席側パワ ースライド ドアあり  ・パワ ースライド ドアなし の順に価格が安くなるので、極端に安い中古ミニバンは装備を確認しましょう。 余談ですが・・・ 初期モデルのステップワゴンは、片側しかスライド ドアがありません。(運転席のリアドアは無し)安全性を考えて車道側へ乗り降りしないようにするため。似た理由から警察の護送車にもよく使われます。 最新ランキング 過去のランキング
  • 形
    cars / Miala 比較ポイント ひとくちにミニバンと言ってもイロイロあります。 大きく分けて、VIPタイプ、ミニバン、ワゴンタイプ、商用タイプ、コンパクトタイプの5つに分類されます。 VIPタイプ 2400cc以上のエンジンをメインとし、ミニバンのVIPカーといえるモデル。車の大きさ、装備、プライスともに最高クラス。今ドキのお父さんは、クラウンではなく、このクラスを選びます。 ミニバン 一般的な大きさで、いわゆる『ミニバン』。 一番の売れ筋がココ。 商用タイプ もともと商用車(バン)として作られた車。3 列目シートを取付けて乗用車にしたモデル。荷室の広さが最大の売り。ただし、あくまで商用ベースなので安っぽいのと、乗り心地が悪いのがデメリット。 ワゴンタイプ 一見すると、ステーションワゴンのようですが、ちょっぴり背が高く、室内も広い。スライド ドアを採用せず、スタイリッシュなモデルが多い。 普段は3列シートを格納して5人乗りのステーションワゴンとして、いざとなれば7人乗りとして使います。常に3列目を使うなら他の形がオススメ。 スライドドアが流行りのミニバンなので、ワゴンタイプは車種が少ない傾向に。 コンパクトタイプ ホンダ・モビリオにはじまった1500ccクラスの3列シート。 実際にフル乗車(8人とかで乗る)する機会が少ない方にはピッタリなコンパクトミニバン。 3列シートはあくまで補助的役割で、大人フル乗車はキツい。 維持費は安いのに8人も乗れるという、ある意味贅沢なミニバンなので人気急上昇。ただ、仕掛けが多い分、価 格が高いのがデメリット。 このジャンルは、軽も含めて別サイトプチバン比較ランキングで詳しく比較してます。 注意 商用ベースやワゴンタイプは、あきらかに用途が限られるので絶対条件も考えながら選びましょう。 商用ベースは内装がプラスチック多用だったり鉄板むき出しだったりと、あくまで商用車に毛が生えたレベルと考えておきましょう。 コンパクトサイズは、プチサイズで問題ないかがカギ。小型の方が維持費は安く済みますが、3列目シートは補助シートと思った割り切りが必要。 最新ランキング 世界規模でダウンサイジング(小排気量)が流行りなので、これからフリードのようなプチミニバンが増えると思います。 もしくは、新型ステップワゴンのように5ナンバーサイズでも1500ccのクルマが増えるかも。 過去のランキング
  • 3列目3列目
    Discovery 3 / Bryn Pinzgauer 3列目の格納方法で比較。 比較ポイント 3列目の格納方法は、 ・床下へ格納 ・跳ね上げ式 ・前へ倒して格納 ・チップアップしてスライドするだけ の4パターンに分けられます。 1番人気は「床下へ格納」。普段は5人乗りとして使う場合、床下に格納しておけば広々ミニバンとして利用。いざ8人乗りの時に、シートを出して3列目を作るといった使い方。 床下格納 3列目を床下格納にすることで、2列目を超広々2列目シートとして利用することが可能になりました。 画像はエスティマ 跳ね上げ 3列目を荷室の内側へ張り付かせるようにして荷室を広げます。 他の格納式よりも、上下に大きな荷物を運ぶことができるのがメリット。実は、このタイプが一番多い。 跳ね上げた状態では、後方確認がしにくいといったデメリットも。 古い車種では、跳ね上げるのに結構なチカラ作業になります(^^; 画像はエルグランド。 前倒し格納 比較的小型のミニバンに多いこのタイプ。ワンタッチで格納できるので非常に便利な反面、荷室スペースはあまり広くありません。 画像はウイッシュ。 格納なし 思いっきり前方へスライドさせるしかないタイプ。仕掛けが無いのは少々残念。チップアップ式ともいいます。 画像は旧型エスティマ。 注意 普段は5人乗りとして使うことの多い方は、床下格納タイプがオススメ。 例えば、買い物したとき大きな荷物などは「リアハッチを開けて放り込 んでおく」といった使い方が可能。 いざ3列目を使うときだけ床下から取り出して使えばOK。 跳ね上げ式の3列目は、格納する(内側の壁に貼り付ける)のにちょっとしたチカラ作業となります。新型モデルは、バネ仕掛けでほぼワンタッチで跳ね上げ可能になりました。非常に楽ちん。昔と比べると格段に簡単になり、女性一人でも可能に。 跳ね上げした状態では、運転席から後方が見づらいといった声も。 チップアップ式はビアンテのみとなりましたが、シートアレンジ面からみると見劣りするので、マツダ・ビアンテを最後に絶滅しました。 最新ランキング 過去のランキング
  • メーカーメーカー
    ミニカー売り場 / yellow_bird_woodstock 人気ジャンルであるミニバンは各メーカーいろいろな車種が発売されてます。 比較ポイント メーカーを選べば、あとはサイズを選ぶだけなので、おのずと車種も決まってきます。 トヨタ 高級ミニバンのアルファード、ヴェルファイアから、ワゴンタイプのウィッシュ、5ナンバーのノア、ヴォクシー、プチミニバンのシエンタまで、全てのジャンルをカバーするのが世界のトヨタ。 ホンダ オデッセイでミニバンブームを作り、ステップワゴンで、5ナンバーのミニバンブームも作り、さらにはストリームでワゴンタイプのミニバンも開拓。そして、フリードで小型ミニバンの限界にも挑戦する。いつも時代のを作り出すのがホンダ。 日 産 モダンなデザインでファンが多い日産のミニバン。貫禄のエルグランドを筆頭に、今やミニバン一番人気になったセレナ。 ラフェスタのグレードのみとなり、OEM供給でマツダ・プレマシーと同じクルマ。 マツダ スポーティミニバンのMPVは、両側電動スライドドアを始めて搭載し、マツダ=安い・壊れやすいといったイメージを覆したモデル。 プレマシーもフルモデルチェンジでMPVの弟分的存在でスポーティさをアピール。意外と知られていないビアンテは隠れた名車。 現在ミニバンから撤退。 CX-8が3列8人乗りでミニバンの受け皿に。 三 菱 パジェロを作るメーカーだけあって、ミニバンにもSUV要素が満載。デリカD:5は、そのままパリダカにでも出れそうな剛性、アウトドア派・無骨な男にぴったり。 デリカD:3は日産・NV200バネットのOEM車。 スバル スバルといえば水平対向エンジン搭載で走りの安定感はバツグン。ぜひスライドドア搭載で本気のスバルミニバンを作って頂きたい。 マツダ同様、エクシーガクロスオーバーを最後にミニバン市場から撤退。 スズキ 軽自動車と言えばスズキのワゴンR、最近では「軽ミニバン」と言われるエブリイワゴンなども販売好調で、本家ミニバンを脅かしてます。 唯一の普通車ミニバンのランディは、日産セレナのOEM車。 フォルクスワーゲン シャラン、ゴルフトゥーランの2台。シャランは排気量は1400ccなので自動車税も安い狙い目ミニバン。 メルセデスベンツ Vクラス。やはり価格はお高い^^ 注意 勤務先で乗れるメーカーが限られたり、知り合いがディーラー勤務なのでメーカーが指定されたりありますが、せっかくならいろんなメーカー・車種も比較検討してみてください。クルマは選ぶ時が一番楽しいので^^ 最新ランキング 過去のランキング

...

関連記事